介護福祉士の通信教育の話を聞き・・・

私は訪問介護として仕事を始めたころ、介護の実務経験が3年以上あると、国家資格である介護福祉士を受験することができると同僚の介護職員から聞きました。その人は、「来年の1月に試験があるから、今勉強中なの。」と言い、いつも昼休みに教科書を広げて勉強をしていました。その時は大変そうとしか思わなかったのですが、その1月に見事合格を果たした同僚を見て刺激を受けました。仕事をしながらでも国家資格が取れるなんてすごいなあと感心しました。それからしばらくして、その同僚に介護福祉士の通信教育の話を聞き私も案内書を取り寄せてみました。毎年1月に試験があることから、「この1月スタートなら、お仕事しながらでも楽々合格!」と案内書の表紙に書いてありました。一年間の勉強か、、、やってみよう!と思い、思い切って申し込みをしました。あと1年で実務経験が3年になるし、ゆっくり始めようと思いました。勉強をしながら介護の現場に行くと、なんとなく今まで曖昧だったことが分かったり、今までよりも自信が持てるようになりました。テキストは全6冊ありました。1、介護概論、介護技術、形態別介護技術、2、医学一般、精神保健、3、社会福祉概論、老人福祉論、4、社会福祉援助技術、レクリエーション活動援助法、5、老人障害者の心理、障害者福祉論、リハビリテーション論、6、家政学概論についてです。その他に、用語、法令、資料集や、過去問題集、模擬試験集がたくさんありました。それに、実技試験用のビデオまでついていました。私は介護技術講習会に出席して実技試験は免除してもらいました。自宅学習では定期的に添削課題集を郵送すると、丁寧に添削したものが返信されてきました。「頑張ってますね!」と赤ペン先生らしき人物が私を励まして下さいました。通信教育の費用は、47000円でした。予定より早く全ての提出物も終了し、試験当日はわりと自信を持って行くことが出来ました。

そして、見事一発合格をしました。通信教育、介護技術講習会、利用者さん、同僚、全ての方々に感謝です。