介護保険制度の成立以前・以後

介護保険制度の成立以前は、老人福祉制度と老人医療制度の2つで高齢者サービスは成り立っていました。この2つがそれぞれの嘉喜尾サービスを提供していたのです。そのため、福祉サービスを受けようと思っても、2つの分野に分かれていたので、医療と福祉それぞれの窓口で同じようなことを説明して、申請を出すことになっていたので、介護サービス利用者にとっては分かり辛くとても不便なものでした。

介護保険制度成立以後は、福祉サービスと医療サービスが一本化になり、共通の窓口でサービスの申請も可能になりました。これによって、高齢者は以前よりも簡単な手続きで介護サービスを受けられるようになったのです。また福祉の一本化によって、利用者だけでなく、関係機関や専門家の連携も取り安くなりました。

具体的には、介護保険施行以前は、骨折をしたらギブスで固定をして、リハビリはリハビリの担当者と相談して下さいと、別々の機関によってサービスが提供されていたのに対して、介護保険施行以後は、骨をギブスで固定している間の生活や、それに伴う援助に関しても、生活全般を1つに捉えて、柔軟な介護サービスを提供できるようになったのです。

また介護保険施行以前は、その財源のほとんどを税金として賄われていたのに対して、介護保険は医療保険と同様に、公的な保険制度になりますから、財源を税金と保険料の両軸で賄うことで、平等な負担で公平な介護サービスを受けられるようになったのです。